紫外線からお肌を守る!シミくすみに悩まないための紫外線対策

紫外線対策

シミやくすみの改善に紫外線対策は必須です。また、改善だけでなく将来、シミくすみに悩まないための予防としても紫外線対策はとても有効。むしろ若い頃から対策をしておかないと肌トラブルが多くなる30代ころから悩むことになってしまいます。

シミやくすみ、シワやたるみなどが年齢肌の代表的なサインですので、すでに年齢肌に悩んでいる方も将来のために予防をしていきたい方も、しっかりと紫外線対策をして健康的で若々しいお肌を取り戻していきましょう!

この記事では日常でおこないたい紫外線対策について詳しくまとめました。紫外線対策といっても特別なことではなく誰でも簡単にできることですので、参考にしていただければと思います。

紫外線がシミくすみの原因になる理由

色素沈着

まずは紫外線がシミくすみの原因になる理由から見ていきましょう。先に対策から確認したい方は「絶対におこないたい紫外線対策」からご覧ください。(タップで該当箇所にスクロールできます)

紫外線にはシワやたるみなどお肌のハリを弱くする紫外線A波とシミやくすみ、そばかすなど色素沈着の原因になる紫外線B波があります。

健康的なお肌であればおよそ1ヶ月ほどの周期でターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が起こるのでハリがあってシミやくすみがないお肌を保つことができるのですが、ターンオーバーは加齢などによって2ヶ月ほどまで遅れてしまうため、紫外線から受けた肌ダメージが回復しづらくなってしまいます

つまり、シミくすみはターンオーバーが遅れているサインでもあるのですね。

ターンオーバーが遅れることで、紫外線によって生成されたメラニンを排出するまでに時間がかかるようになりシミくすみなどの原因になります。

そのため、これからご紹介する紫外線対策をするだけでなく、美白ケアをきちんとおこなってターンオーバーを促進して健康的な肌環境を目指していくことが大切です。

絶対におこないたい紫外線対策

紫外線対策をしっかりとすることで原因を解消することができるため、美白ケアと平行して紫外線対策もバッチリおこなっていきましょう!

絶対におこないたい紫外線対策は以下の3つです。

  1. オールシーズンで紫外線対策をする
  2. 効果的な日焼け止めを使う
  3. UVカットができるアイテムを活用する

オールシーズンで紫外線対策をする

夏にだけしか紫外線対策をおこなっていない方も多いのではないでしょうか?

夏が最も紫外線量が多くなるため、夏に紫外線対策をすることは当然大切なのですが、実はそれ以外のシーズンでもしっかりと紫外線対策をすることが大切なんです。

というのも、年間通して私たちは太陽から降り注ぐ紫外線を浴びているから。もっと言えば室内にいるときにも少量ですが紫外線を浴びています。

下のグラフは気象庁が発表している紫外線量(UVインデックス)なのですが、夏以外にも紫外線が降り注いでいることがわかりますよね。

年間の紫外線量

参考「気象庁

7.8月が紫外線量が多いことはなんとなく予想できますが、注目したい点は「弱い」に当てはまる月は1.11.12月しかないということです。

紫外線は浴びれば浴びるほど肌トラブルが起きやすくなってしまうため、先ほども書きましたように夏だけでなくそれ以外のシーズンも対策をしていく必要があるのですね。

「弱い」に当てはまる月はそれほど過度に対策をする必要はありませんが、その他の月はしっかりと対策をしていきましょう。

効果的な日焼け止めを使う

使う日焼け止めも重要なポイントですね。

基本的に日焼け止めには「SPF」と「PA」が表記されています。

先ほど紫外線にはシワやたるみの原因になる紫外線A波とシミやくすみの原因になる紫外線B波の2つの種類があるというお話をしましたが、SPFは紫外線B波の防止効果を表している表記、PAは紫外線A波の防止効果を表している表記です。

わかりやすくまとめると以下の通りです。

  • SPF:紫外線B波(シミくすみの原因)の防止効果を表している表記
    1~50の数字で表記されていて数字が大きくなるほど防止効果が高い
  • PA:紫外線A波(シワたるみの原因)の防止効果を表している表記
    「+」~「++++++」までの+で表記されていて+の数が多いほど防止効果が高い

SPFは数字が大きくなるほど防止効果が高くなり、PAは+の数が多くなるほど防止効果が高くなるということですね。

これだけを見るとSPFとPAともに防止効果が高い日焼け止めを使ったほうがいいと感じてしまいがちですが、実はここにも落とし穴があり、防止効果が高いほどお肌への影響も大きくなり肌トラブルの原因になってしまいます

そのため日焼け止めはシーズンやシーンによって使い分けることがベスト!

紫外線量が多いシーズンや長時間外出する場合はSPFもPAも防止効果が高いものを使用し、紫外線量が少ないシーズンや短時間の外出であれば高い防止効果は必要ないので数値が低いものでも問題ありません。

つまりひとつの日焼け止めを使い続けるのではなくて、紫外線対策とお肌への影響のバランスを考えて使い分けることが大切ということですね。

もちろん肌質などによっても変わってくるのですが、基本的にはそれほど紫外線を浴びないのであれば「SPF15」「PA++」、紫外線を大量に浴びることが予想できるなら「SPF30」「PA+++」ほどを目安にするといいでしょう。

UVカットができるアイテムを活用する

日焼け止めは汗で落ちたりしてしまうため、日焼け止めだけに頼るのではなく、UVカットアイテムを使うことも大切ですね。

帽子やサングラス、日傘なども日焼け止めと合わせて活用するとさらに効果的な紫外線対策をすることができます。

また、UVカット加工がされているカーディガンなどもありますので、一着でも持っておくとしっかりと紫外線の対策ができますね。

以上の3つ、「オールシーズンで紫外線対策をする」「効果的な日焼け止めを使う」「UVカットができるアイテムを活用する」はシミくすみなどの年齢肌の予防改善のために必ずおこないたい紫外線対策ですので、美白ケアと合わせておこなっていきましょう。