色素沈着とは?シミやくすみの原因になるメラニンについて

色素沈着の原因

シミやくすみ、そばかすなどの原因になる色素沈着。黒ずみの原因であることでも有名ですね。さらに、ニキビなどの肌トラブルとは違い放置していてもなかなか改善できないのが厄介なところです。

そんな色素沈着ですが、どうして起こるのかご存知でしょうか?

仕組みをきちんと理解しておくことで原因をつぶすことができるかもしれませんので、この記事では色素沈着について詳しく解説していきたいと思います。

色素沈着でシミやくすみができる仕組み

色素沈着

そもそも色素沈着とはメラニンが表皮や真皮に溜まってしまっている状態のことを表しています。

メラニンが過剰に生成されたり、生成されたメラニンがうまく排出できない肌環境になってしまっていることで、色素沈着が起きてしまうのですね。

ここからは具体的にどのように色素沈着が起きるのか仕組みを見ていきましょう。

紫外線や刺激によってメラニンが生成される

先ほども書きましたように、色素沈着はメラニンが表皮や真皮など皮膚内に溜まることなので、色素沈着が起こる第一段階はメラニンの生成です。

本来、メラニンは肌細胞を守るために必要な色素なのですが、お肌を黒くさせる作用もあります。

メラニンが生成される仕組みとしては、紫外線を浴びたり刺激を受けることで表皮細胞で活性酵素が発生し、情報伝達物質(プラスミン)がメラノサイト(色素細胞)に指令を送ることで、メラノサイト内でチロシンとチロシナーゼが結合してメラニンが生成されます。

夏に日焼けをするのも、紫外線を浴びて活性酵素が発生して情報伝達物質が出されることでお肌が黒くなるのですね。

また、紫外線を浴びていなくても、皮膚が薄いデリケートゾーンやバストトップなどは刺激を受けやすい部位なので黒ずみやすいです。

役目を終えたメラニンが新陳代謝によって排出される

メラニンは「外部の刺激や紫外線などから肌細胞を守る」という役割を終えた後は、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって皮膚の外に排出されます。

ターンオーバーは一般的には28日周期で訪れると言われていますので、おおよそ1ヶ月周期でお肌が生まれ変わってきます。

しかし、ターンオーバーは加齢やストレスなどによって最長で56日ほどまで遅れると言われていて、ターンオーバーが遅れるとメラニンが溜まりやすい(色素沈着しやすい)肌環境になってしまいます。

歳を重ねると肌トラブルが多くなるのはターンオーバーが遅れて健康的な肌環境を保つことが難しいからですね。

ちなみに、先ほど日焼けの例をあげましたが、秋頃になると日に焼けたお肌が元の肌色に戻るのはターンオーバーによって生成されたメラニンが排出されていくからです。

紫外線量が多い夏は「紫外線によって生成されるメラニンの量>ターンオーバーで排出できるメラニンの量」だったのが、紫外線量が少なくなってくると「紫外線によって生成されるメラニンの量<ターンオーバーで排出できるメラニンの量」になるから元の肌色に戻るということですね。

排出できなかったメラニンが色素沈着してシミやくすみに

以上の流れを経て、排出しきれなかったメラニンが色素沈着してシミやくすみの原因になります。

先ほども書きましたように、ターンオーバーは加齢などで2倍ほどまで遅れますので、生成されたメラニンがどうしても皮膚内に残ってしまうのですね。

そのため、色素沈着によるシミやくすみを改善するためには、ターンオーバーを正常に働かせて色素沈着しているメラニンをしっかりと排出していくこと、そしてメラニンが過剰に生成されないように紫外線対策などをしっかりとおこなうことが大切だということです。

改善と予防の両方ができてはじめて健康的な肌環境、つまりシミやくすみに悩まないお肌になることができるということなんです。

当サイトでは、シミやくすみを改善できる美白クリームのレビューや紫外線対策などについても記事を用意していますので、合わせてご覧になってみてください。